GOOD LUCK

大和路写真ブログ

カテゴリ:花

我が家から約 1km 離れた休耕田が農地・水・環境保全活動地域として向日葵が満開でした。撮影は、9/18 の佛隆寺から帰宅後に歩いて行きました。この向日葵は背丈が1メートルもない低い品種です。ビニールハウスの向こうに我がマンションが見えています。大きなクマバチがい ...

到着したのは8時45分でしたが、先客3名が撮影中でした。昨年と同じく、最盛期の訪問となりました。白い彼岸花も昨年同様咲いていました。ユリが一輪だけ咲いていました。本堂裏の様子も見ましたが、彼岸花はほとんど無くなっていました。【道路情報】県道222号線がココで通 ...

近くの九品寺と違って、ここの彼岸花は満開でした。下の写真の中央辺りで三脚を据えて彼岸花を近距離で撮っている人が中々動いてくれません。道路横で三脚を据えてこの人がいなくなるのをじっと待っている人がいました。30分近くいたでしょうか。彼岸花の時期に稲刈りが始ま ...

9/19 この日最初に訪れたのは御所市の九品寺です。山門の右脇に、西国三十三所の御本尊を模した石仏が並んでいます。石仏を背景に彼岸花が撮れるのは数少ない中で、第十四番三井寺の石仏が背景です。石垣を背景で1枚。この日は明日香の山並みが薄くてうまく撮れませんでした ...

5年前の獣害で壊滅した佛隆寺の彼岸花がボランティアさんらのおかげで大分回復しました。でも、階段を登って行った中腹の両脇がまだまだ寂しい状態です。8時ちょっと前の時刻で貸し切り状態は初めてです。  ...

明日から暫く天気が悪そうなので、早朝から御所市の戒那山九品寺と葛城一言主神社前の彼岸花を撮り、その足で大淀町の世尊寺の彼岸花も撮ってきました。九品寺の彼岸花はツボミが多く、まだ三分から四分咲きでこの週末頃が見頃でしょう。それに比べて九品寺から少し南の一言 ...

早朝なので我が家から20分そこそこで、6時40分に到着したが大勢来られていました。今年から蕎麦畑は電気柵に囲まれていましたが撮影には何ら支障ありません。蕎麦の花はちょうど見頃で、朝露に濡れてキラキラしていました。この後、そば処の駐車場から蕎麦畑を眺めましたが ...

今日 9/18 は久しぶりの晴天なので、早朝から笠の蕎麦畑に行きました。その足で佛隆寺の彼岸花も撮ってきました。到着が7時45分だったので、駐車場は満杯だろうと思っていたら先客は1台だけでした。その一人の先客も暫くして退散されたので、約1時間貸切状態でゆっくり撮 ...

ウォーキングルートで見かける極小さな花をマクロで撮りました。彼岸花がどんどん咲きだしてきました。秋晴れはまだか! ...

大きなカマキリが行く手に現れました。相手の目線で撮ったのですが、ガリバーの気分でこちらを見ているのでしょうか?小さな花ですが、宙に浮いているように見えます。あちこちで彼岸花が目立ってきました。紅白の彼岸花も綺麗です。百日紅の花もまだまだ咲き誇っています。 ...

田んぼの中で食事中だったジャンボタニシを引き上げて撮りました。大きさが分かるように 43mm のレンズキャップを置いてみました。中にはもっと大きいスーパージャンボタニシも見かけます。ジャンボタニシの動きを動画でどうぞ。  今年の初彼岸花です。ピンボケでした。女 ...

9/2 は嵐の前の晴天でした。露草もカラカラの中で咲いています。トノサマバッタが稲穂の中に隠れたつもりでいました。やっぱり青空が似合います。 ...

奈良市藺生(イウ)町の稔りの風景を撮りに行く途中、笠の蕎麦畑の様子を見に行くと、昨年まで蕎麦畑であったところが一面向日葵畑に変わっていました。向こうの稲の黄金色と向日葵の黄色が一体になって境目が分かりません。この向日葵ですが、今はいいけど蕎麦の花が見頃を ...

台風が来る前に青空の下で再び撮ってきました。前回から6日経ってほぼ満開で見頃になっていました。9月に入っても楽しめるでしょう。東塔跡の礎石にいました。逆さ畝傍山です。右にちょこっと頭を見せているのは二上山です。ここの蓮はまだ残っていました。写真写りを考慮し ...

前回 8/15 は雨の中の撮影だったので、天気予報に反する青空のもと再訪しました。我が家から約13km を走り、駐車場が開く10分前に到着しました。花の状態も満開の見頃でしたが、朝から滅茶苦茶暑くて長居はできませんでした。静止画は後ほどにして、動画で布袋葵をご覧くだ ...

雨の中で初めて撮りました。お盆真っ最中の休日でしたが、雨のせいか人出がなくてゆっくり撮れました。雨に濡れた花はいいですね!このアングルで撮ると一面満開に見えますが、まだまだです。またこう言うのは青空と少しの真っ白な雲がほしい。西側の布袋葵は一面満開です。 ...

今日は朝から奈良県立橿原考古学研究所附属博物館に「大和を掘る 36」特別展示に行ってきました。我が家から約20km の距離なので約30分で開館の15分前に到着しました。もちろん今日も無料で入場させていただきました。特別展示は思っていたよりスケールが小さかったが、常設 ...

馬見丘陵公園の向日葵が見頃を迎えているようですが、もう暑くて行く気になりません。ウォーキングルートの畑に背丈が3メートルほど、花の直径が 30cm 以上ある大きな向日葵が1本だけ咲いています。大きな花は青空を眺めているように反りかえっていました。 ...

そろそろ見頃を迎えていそうなので、午後から出かけてみました。余りの暑さで観光客の姿はチラホラいるだけで、静かな鷺池でした。サルスベリの開花状況ですが、まだツボミがたくさんある状況でした。この辺りは駐車違反重点取締地区で、短時間でも撮影で車から離れるのは非 ...

到着が8時30分だったので、現地は例年通り朝から滅茶苦茶暑かったですが、蓮の花は見事に咲いていました。カメラマンの数も50人以上いたでしょうか、背景を入れると人が入ってしまいます。霧吹きを車に積んであるのですが、持って出るのを忘れてしまいました。あまりの暑さ ...

もうそろそろ見頃を迎えているだろうと思い、1時間ちょっとかけて御杖村の岡田の谷の半夏生園を訪ねました。この谷は、20年ほど前までは棚田だったそうです。(お話を聴いた地元のおじいさんの話)8時前なので、太陽光が向こうから差し込んでいます。昨年は半夏生が無いと ...

御杖村岡田の谷半夏生園と不動の滝を録ってきました。半夏生園到着は8時少し前でしたが、先客が4名ほどおられました。1分50秒辺りから音声が入っています。 御杖村観光協会が 2017年に撮影したドローン映像がこちら→★青少年旅行村の近く、三峰山登山道を少し登ったとこ ...

七夕の昨日、蓮取り行事が行われた大和高田の奥田池に行ってきました。肝心の蓮ですが、ご覧のようにパッと開いた花はほとんどありませんでした。行事に使われる船(おくだ丸)です。ここがこの開花状況なので、藤原宮跡もまだ早いでしょう。  ...

気づくとサルスベリの花が満開になっていました。浮見堂のサルスベリはもうちょっと先かな!アガパンサスの花はまだまだ元気に咲いています。道路脇の木苺が食べごろになり、これが貼られていました。摘み取られた形跡があります。ひとつ摘んで食べましたが、すごく美味しい ...

久し振りにタム9を使って撮りました。三脚なしで何とか撮れましたが、結構きつい。この梅は確か、紅梅でした。ほのかにピンク色が見えます。 ...

梅雨の晴れ間に飛鳥路を走ってきました。時刻は、6時半出発で8時半帰宅の2時間だけです。小宮遺跡(小墾田宮推定地)の田んぼの苗も成長してハッキリしてきました。稲渕の棚田です。ツチガエルが私を気にすること無く合唱してくれました。カメラを近づけても逃げません。合 ...

ちょっと前に田植えが終わったばかりの田んぼですが、苗の生育が進んで緑が濃くなりました。右奥の遠くに我がマンションが見えてます。トノサマバッタの姿を今年始めて見かけました。畑の畝で咲くユリの花はバラバラの方向に向いています。何の花でしょう。カイツブリがいつ ...

気になっていた足の郷峠のコアジサイを撮りに行ってきました。明日から雨が強くなるようで、この日しかないと思って行きました。6時15分に出発して、東吉野村から林道に入り、対向車もなくて7時30分に到着しましたが、途中で折れた大きな枝が道を塞いでいた。自分が最初の ...

先日のディーラーでの納車式で頂いた花束のユリが見頃になりました。頂いた時のユリは、開花しているのが一輪だけでツボミが四輪ありましたが、花瓶に入れて食卓の上に飾っていたら見事に花開きました。一輪は開いたばかりで、残りのツボミもピンク色に染まってきたのでもう ...

8年半ぶりに車を乗り換えました。まだ 76000km しか走っていませんでしたが、衝動買いしてしまいました。納車からまだ5日目で、只今慣らし中です。来週辺り遠出してみようと思っています。雨上がりのウォーキング途中で水玉をマクロ撮りしました。 ...

いつも早朝に訪れている大神神社のササユリ園ですが、今日は珍しく午後1時過ぎでした。拝殿には参拝者の姿が途切れることなく、次ぐから次にやって来ます。この日は神様の白蛇に供える生卵は置かれていませんでした。例年なら入り口の前にテントが設けられているのに今年は ...

天理市豊田町にある、天理高校農事部の花菖蒲園です。例年なら6月中旬頃が見頃ですが、今年はもう満開を迎えていました。でも、少し様子が変です。何か、手入れがなされていないように見受けられました。いつもなら、畝がハッキリしていて水が引かれているのですが、雑草が ...

馬見丘陵公園で花菖蒲を観た後、少し離れたあじさいの小径で紫陽花を撮りました。今年は何もかも花の時期が少し早くて紫陽花も見頃の色づきでした。ガクアジサイ小径の紫陽花はすべて青色です。スイレンの池では蕾がたくさんありましたが、時刻が早かったのでまだ開いていま ...

朝から快晴なので、久しぶりに馬見丘陵公園に行ってきました。以前は、公園事務所がある中央駐車場は早朝から入れたのですが、今は8時にならないと入れないので少しゆったりと家を出発しました。この日の目的は花菖蒲と紫陽花の撮影です。よって、車は中央駐車場に停めまし ...

ウォーキングルートにある栗の木で一斉に花が咲きました。ここからクリの実が出来るのが不思議です。 ...

昨日はモンシロチョウが群がっていた三尺バーベナですが、今日は一匹も見かけませんでした。モンシロチョウが群がっていた時はこうでした。全匹収まっていません。 ...

暫く撮りに出かけていなかったので、橿原市小房町のおふさ観音のバラを撮ってきました。縄手町交差点から西行きが7時30分になると通れなくなる前に到着しました。天気予報は快晴でしたが、朝が早いので空は雲で白かったのが残念でした。肝心のバラですが、ピークが過ぎて萎 ...

奈良市都祁吐山町のスズランが見頃を迎えていました。例年だと5月の末頃が見頃なのですが、今年はスズランも早いようです。アマガエルの鳴き声が群生地に泣き響いていましたが、目の前に可愛いのが座っていました。吐山に来たからには、近くの宇陀市向渕(むこうじ)の群生 ...

今年の花は何もかも早く咲き、気がつけばブラシの木も真っ赤な花が満開でした。上右の花はまだツボミ状態でしたが、すぐに弾けてブラシになるでしょう。こうすると本当にコップを洗うブラシにそっくりです。佐保川に咲くヘアリーベッチの花です。 ...

知らず知らずのうちに柿の花が咲いていました。暫くすると小さな実を付け、だんだん大きくなって4ヶ月もすれば真っ赤になって食べられます。他所様の玄関先で綺麗に咲いていました。 ...

近所の国道25号線の車道と歩道を隔てる花壇で昼咲月見草が風に揺られています。毎年この時期に満開を迎え、暫くの間ドライバーのイライラを和らげてくれます。ウォーキングのルートを変えてみると、いろんな花が咲いているのが分かります。 ...

平城宮跡天平祭に行こうかと思っていたが、予定を変更して御所市の高天野草園に行った。場所は高天彦(たかまひこ)神社すぐ下の林に広がる野草園です。咲いていた花の名前はほとんど分かりません。近くに居た女性がホウチャクソウ(宝鐸草)だと教えてくれました。黄エビネ ...

今年は例年より早く満開を迎えていて少し遅いかもと思いながら「らくらくセンターハウス」の駐車場に向けて走りました。ゲートの前に到着したのは8時過ぎでしたが、1台のプリウスだけが並んでいました。そうこうしていると常連という人が、今日は火曜の定休日だから待って ...

住宅地にある公園で咲くツツジです。この公園は、住宅地開発時に発掘調査された古墳で、周囲より低くく大雨になると雨水を一時的に貯めるようになっています。草ぼうぼうで虫が多いので、誰も遊んでいません。小さい花を大きく撮れば不思議な形に見えます。この花のどこに蜜 ...

雨上がりのウォーキング途中で撮りました。ちょっと前までツボミでしたが、一気に満開になってました。雨粒にピントが合って奇妙な写真になりました。ツツジの花が雨に洗われて元気回復です。我がマンションの前で満開になってます。今年は大阪府民の森の「なるかわツツジ園 ...

近所のれんげ草畑の花密度が高くなってきました。これだけ咲いている所も年々少なくなって昔が懐かしい。レンゲと言えば蜂蜜ですが、ここでは蜜蜂の姿が余り多くありません。これは蜜蜂ではありません。真っ赤なツツジの垣根でした。パンジーの集団にチューリップが一輪伸び ...

毎日のウォーキング途中で撮った花々です。マクロで思いっきり近づいて撮ってますが、蜜を吸うのに夢中で逃げませんでした。クローバーの蜜を吸ってます。れんげ草もめっきり少なくなりました。おまめさんの花です。雨の後で濡れてます。我がマンションを隣の池越しにで撮り ...

例年4月末頃に見られる大神神社の銀竜草(ぎんりょうそう)ですが、今年は他の花と同じように早いだろうと思って早朝から行ってみると、予想通りでした。咲いているところは、大神神社拝殿に向かって右側にある天皇社です。別称が幽霊花と言われるように、とてもユニークな ...

2018年の桜は記録的な早咲きで例年より忙しい桜撮りになりました。3/30 高田千年桜を撮った後、一旦帰宅して午後から近所の桜を撮りました。場所は、奈良健康ランド裏の大和川沿い等です。我が家と同じ校区の小さな川沿いの桜並木です。一部八重桜並木もあります。大和川堤防 ...

↑このページのトップヘ