GOOD LUCK

大和路写真ブログ

カテゴリ:カメラ

スマホのカメラ用リモコンでええのがないか Amazon で検索していたら、こんなのを見つけました。その金額は、送料無料で 140円でした。おそらく中国からの発送品だろうけど、この金額なら失敗しても惜しくないので購入した。6/29 に注文すると、すぐに発送しましたのメール ...

スマホで台風一過の雲の動きをコマ抜きで録りました。約10分ほど録ったらこの動きになりました。畑のおじさんの動きと、遠くの車の動きで早送りの様子がわかります。これは面白い動画になります。被写体を替えてまた録ってみよう。   ...

先日、スマホのシステム更新をやったら、やたら時間がかかった。更新後には何が変わったのか気づかなかったが、カメラを使ってみて変なことに気づいた。カメラを起動して最初の画面が少し変わっていたので色々触ってみると、こんな機能があった。PRO を選択すると、ISO・シャ ...

この前、なるかわツツジ園での撮影中に雲台付き伸縮ポールを手から落としてしまい、雲台とポールを繋ぐ成形部品が割れてしまって使い物にならなくなった。壊れたポールはこれです。伸縮ポールに問題がないので、新たに購入するとなるともったいない。雲台は以前に買った自由 ...

1/3 リビングで新聞を読んでいると、龍王山から朝日が昇ろうとしていた。きれいな色だったので、慌ててカメラを持ってきて今年の初ショットでした。最初の1枚はインプレッシブアート調です。普通に撮るとこんな感じです。この後、雲が邪魔をして輝く朝日は見られませんでし ...

天理市光の祭典を撮影するにあたり、ミラーレス一眼の撮影モードを比較してみた。比較したのは、HDR モードと手持ち夜景モードです。どちらも高速でシャッターが数回きれます。いずれも上の写真が手持ち夜景モードで、下の写真が HDR モードです。比較してみると、HDR(ハイ ...

2017年の 3/21 に購入したミラーレスがおかしくなった。昨年のちょうど今頃も購入して1年も経っていない一眼が故障して保証修理した。何か桜の季節になるとカメラが故障する嫌なジンクスに嵌り込みそうです。ミラーレスの故障の症状は、プログラムモードで撮ると、超高速シ ...

この黒いトンボはこの夏初めての出会いです。中々じっとしてくれないので、大きく撮ることができません。何という名前のユリでしょう。四方八方に向いて咲いていました。  ...

近所で小さな花の蜜を吸う小さな蝶を超接近で撮りました。じっと構えていると2匹が目の前に止まってくれました。花の超接近は次回アップします。  ...

Canon のカメラで撮影データを RAW(CR2) のみで保存した場合、最新のMicrosoft カメラコーデックパック(6.3.9721.0)でも 最近の機種ではエクスプローラーでサムネイル表示ができなかった。閲覧アプリを使えば問題なく見られるが、内容を確認・コピー・移動等はエクスプロー ...

リバースアダプターを使っての撮影第2段です。お札のホログラムも超接写するとこんなんでした。お札の印影部分です。被写体にカメラを近づけてピントを合わせるのが超難しい。ほんの少し動かすとボケるし、被写体が少し動いてもボケます。極々小さい花を手持ち高速シャッタ ...

前々回の記事で紹介したリバースアダプターを使って、あるお札の肖像の右目を撮りました。ちょっと光量不足で暗い画像ですが、レンズを滅茶苦茶近づけて撮ってます。 すごい印刷技術に驚きました。 ...

お遊びで Kenko CANON AF 58mm 用リバースアダプター(Amazon で1500円)を購入しました。リバースアダプターとは、カメラレンズを逆向きにカメラボディに取り付けて、高倍率の接写を行うことができるアダプターです。通常のレンズはマウントに嵌めて回転させれば装着できま ...

Amazon で 32GB の SDHC CARD を購入しました。数ある中で、東芝の並行輸入品が 1380円(税込み)なので飛びつきました。製品は日本製ですが、パッケージは中国語です。並行輸入品なので日本国内で東芝のサポートは受けられませんが必用ないですね。WRITE 48MB/S なので、使 ...

人物を撮った写真で背景を白黒にして人物だけをカラーにすることが出来ます。写真はネットからお借りしました。元のカラー画像背景を白黒にした画像やり方次第で面白い画像ができそうだ。  ...

皆さんはもうお気づきだと思いますが、最近の撮影では鳥瞰的に撮ってます。それには最初、普通の一脚を使用していたのですが、長くして構えると揺らぎます。そこで、こんな物を購入しました。          雲台に取付けられるカメラの質量は500g までとなっています。 ...

↑このページのトップヘ