想い出シリーズ第8段です。

以下の写真は中国の広州に赴任中の 2003年・2004年に撮ったものです。

会社の近くにある五星級ホテル・鳳凰城酒店の天井画です。真の五つ星ではありません。

帰任してからの 2004年と 2005年に訪れた時に宿泊しました。→  

一見すると素晴らしいのですが、見えない所では手抜き工事が見受けられます。

広州01

広州02

広州03

ホテルに向かう途中です。

広州23

広いベランダからの眺めです。

ホテルの周辺は超高級住宅地で、お城みたいな洋館がたくさん建っています。

広州21

広州22
広州24

泊まったときの部屋がこれです。トイレ&シャワールームも広く、30㎡ 以上あった。

会社と法人契約をしているので、安く泊まれました。

広州20

清平(チーピン)市場と言う所で、珍しい漢方材料等が売られています。

広州04

ここは干し貝柱を売ってる店で、一時帰国時にお土産として買っていました。

広州05

タツノオトシゴも売ってます。

広州06

ひとつ貰いました。

広州07

アヘン戦争戦跡地・虎門(フーメン)の珠江河口に掛かっている虎門大橋です。

対岸は中山市・珠海市方面です。珠海へはこの橋を渡って行きました。→

この近くに台湾式火鍋屋があり、美味しい肉をよく食べに来ました。

ここで出される卵は中国では珍しくそのまま生で食べられました。

虎門から広深高速道路で南に走れば特区の深セン市があり、香港もすぐ隣です。

広州08

大砲がたくさん並んでいます。これでイギリス軍の船を狙ったのです。

この子は、前任者の息子で家族で遊びに来ていました。もう20代半ばになってますね。

広州09

広州10

陳家祠と言う所です。陳氏の書院で屋根の飾りが独特です。→

雨の中、日本企業の人を観光案内した時の写真です。

広州に行ったら訪ねたい所です。
広州11

広州12

広州13

高価な両面刺繍の衝立が売られていますが、数十万元もしてとても買えるものではありません。

中国では、国宝級と銘打って古い焼き物など高価なものがお土産として売られています。

広州14

広州15

広州16

広州17

広州18

広州19

広州は大都会ですが、歴史的なところもたくさんあります。

清平市場に行った時、広州西漢越王博物館にも行きました。

日本では、高松塚古墳の壁画保存などである意味失敗していますが、中国の壁画保存は

表面をアクリル樹脂で覆うなどして大胆な方法で鮮やかな色を保っていました。

日本の専門家らは、心配しすぎて慎重になって結果的に失敗していると思う。