奈良市と言っても天理市と名張市の中間位置の山里(旧都祁村)にある小倉観音寺です。

ここに咲く枝垂れ桜はよその地より少し遅れて満開を迎えますが、この日も花は開ききって

いませんでした。

正面左の方が老木ですが、どれほどの樹齢かは分かりません。

04_08_01(1)

04_08_02(1)

階段の左に結界石が建つています。

04_08_03(1)

04_08_04(1)

赤いトタン屋根の民家は空き家です。先客がここの庭に駐車してました。

04_08_05(1)

04_08_06(1)

04_08_07(1)

04_08_08(1)

04_08_09(1)

04_08_10(1)

04_08_11(1)

04_08_12(1)

04_08_13(1)

04_08_14(1)

04_08_15(1)

04_08_16(1)

04_08_17(1)

04_08_18(1)

花の多くはまだ完全に開いていませんでした。

04_08_19(1)

04_08_20(1)

【情報その1】小倉観音寺でお会いした人に聴いたところ、諸木野の牛繋ぎの桜では、

       新型コロナで自粛を促す為、今年は桜の開花時に水を張らないそうです。

       毎日新聞奈良版の記事(3/24)に書かれていたのを見せてもらいました。

【情報その2】帰りに福住の西念寺の枝垂れ桜を観てきましたが、やはり満開はもう少し先です。