室生小原の極楽寺から天理ダムを経由して最後は天理教本部の枝垂れ桜です。

通常であればこの枝垂れ桜が4月の5日頃に満開を迎えるのですが、年々早くなってます。

時折吹く強風で早くも花吹雪が舞い散っていました。

やっぱり白い空では桜が映えません。

04_01_19(1)

3つある枝垂れ桜の内、別席場入り口のは花付きが悪くて被写体にはなりませんでした。04_01_20(1)

昨年は建物上階に上がる階段が開放されていたのですが、今年は入れませんでした。

よって少し上からの写真はありません。上からの写真は昨年のココをご覧下さい。
04_01_21(1)

04_01_22(1)

04_01_23(1)

04_01_24(1)

04_01_25(1)

04_01_26(1)

天理ダムから天理教本部の途中、天理市豊井町で他所様の玄関先に咲く源平枝垂れ桃があります。

例年、花をいっぱい付けてものすごく晴れやかなのですが、今年はちょっと変です。

ご主人に聴くと、花芽の時に野鳥がやってきて上の方を食い尽くしたそうです。

花が咲いた今はメジロが来ているそうです。

04_01_27(1)

04_01_28(1)

04_01_29(1)