ナメゴ谷の状況が余り良くなかったので、早々に天川村に向かいました。

行者還トンネルを抜けると道幅が段々細くなり、対向車との行違いに難儀することが

数回ありましたが、無事にみたらい渓谷のトンネルまでやって来ました。

時刻は8時55分、遊歩道の吊橋からの眺めもご覧の通りで紅葉らしさがありませんでした。

11_05_05(1)

車は1時間300円の有料駐車場を避けて、空いていたいつもの空き地に停めました。

11_05_06(1)

見上げた山にも赤色が見当たりません。

11_05_07(1)

みたらい渓谷入り口の滝は必ず撮ってしまいます。

11_05_08(1)

哀伝橋はコンクリート製の吊橋です。

11_05_09(1)

11_05_10(1)

11_05_11(1)

11_05_12(1)

11_05_13(1)

朝日が差し込んで川面が輝いていました。

この川の上流にある洞川温泉まで遊歩道を歩いてみたいのですが、車のことを考えると

毎回ここで引き返してしまいます。車は便利な乗り物ですが不便でもあります。

11_05_14(1)

数少ない紅葉です。

11_05_15(1)

11_05_16(1)

11_05_17(1)

最初の1枚を撮った遊歩道の吊橋が正面に見えています。

11_05_18(1)

11_05_19(1)

まだ紅葉には早かったので、滝ばっかり撮ってました。

11/9(土)・11/10(日)は天の川もみじまつりが開催されます。

両日の国道309号線は、みたらい渓谷通過の通り抜け以外は通行止めとなりますが、

天川村役場からシャトルバスが運行されます。