橿原考古学研究所で展示中の桜井茶臼山古墳出土木棺を観てきました。

場所はてっきり研究所の附属博物館隣かと思って行ったら、博物館は今年の始めから

リニューアル工事中で2年間ほど閉館中とのことでした。

守衛さんに聴くと、すぐ近くの橿原考古学研究所1階のアトリウムで展示中でした。

09_13_01

1階アトリウムに入った時は薄暗かったが、来館者が来たからかすぐに照明灯が付きました。

この広い端っこに木棺は展示してありました。

09_13_02(1)

石棺・木棺は大きくても3メートル位と思っていたら、この木棺は5メートル近くありました。

09_13_03(1)

こんな大きな木棺に一人だけ埋葬したのでしょうか?

09_13_04(1)

09_13_05

09_13_06

09_13_07

蓋がないから棺には見えません。

09_13_08

長い年月でだいぶ朽ちていました。

09_13_09(1)

09_13_10(1)

今回の展示では、展示物のことで質問できる人が居なかったのが残念でした。

展示は、10/31 (土・日・祝祭日を除く)までの 8:30 ~ 17:15 で入場無料です。

無料駐車場は周辺にあります。私は附属博物館の駐車場を利用しました。