今年は見頃を逃さないようにと思っていたクリンソウでしたが、またしても遅れてしまった。

場所は昨年、大和尼寺精進日記で副住職の慈瞳さんが訪れるところを紹介された桜井市鹿路の

奥田家の鹿華苑です。

昨年も同じように5月末の訪問で少し遅かったが、今年ほどではなかった。

05_29_01(1)

明け方までの雨で草花はしっとり濡れていました。

05_29_02(1)

05_29_03(1)

05_29_04(1)

クリンソウらしい形を保っていた数少ない一輪です。

05_29_05(1)

05_29_06(1)

05_29_07(1)

最盛期なら東屋の周囲はクリンソウで囲まれていますが、この日は寂しいの一言でした。

クリンソウ以外の花もほとんどありませんでした。

05_29_08(1)

カルミヤオスポレッドの名札が掛かっていました。

05_29_09(1)

05_29_10(1)

05_29_11(1)