三多気の桜と一緒に来ようと思っていたが、少し遅れて 4/23 になってしまいました。

車を伊勢地地域住民センターに停めてどう行くべきか考えていると、センターの女性が出てきて

下の案内リーフレットでルートを教えて下さいました。

1300メートルを徒歩で20分と言われたが、15分で行けました。

仮設トイレが設置してある所には駐車スペースがあって、ここまで車で来れるようです。

ここまで車で来ると、群生地までは 500~600m 歩けば到着します。

来年の為、帰りに再度この場所まで車で来れることを確認してナビに地点登録しときました。

ミツマタ群生地の場所はココです。

04_23_21

04_23_22

04_23_23

04_23_24
下の地図で示す赤の ⑥ の駐車場に停めて歩くのが近くてお勧めです。

04_23_25

駐車場から 400m ほどで伊勢本街道に出ます。上の地図で緑 ③ の位置。

04_23_26(1)

ここを左折して 50m もないところに伊勢本街道の名残が残る灯籠がありました。

ここから 850m、少しきつい上り坂もありますが大したことありません。

上の地図で緑 ④ の位置。

04_23_27(1)

04_23_28(1)

中垣内(なかがいち)の常夜灯です。

吉野川と高見川が合流する地点に窪垣内(くぼがいち)と言う地名があったのを思い出しました。

04_23_29(1)

04_23_30(1)

近くにも古い常夜灯が立っていました。

04_23_31(1)

群生地の少し手前に茶畑が広がっていました。

04_23_32(1)

杉の木にツルが巻き付いて、高さ 20m 以上あるてっぺんまで伸びていました。

このためか、周辺の木と比較して幹が細い。

04_23_33(1)

林道に設けられた階段を上がるとミツマタが群生してました。

でも、花のピークが過ぎて白くなっていました。最盛期は黄金色に輝いていたのでしょう。

04_23_34(1)

花粉症の人はミツマタの最盛期に来たら大変でしょう。私はスギ・ヒノキとも平気です。

04_23_35(1)

04_23_36(1)

群生地の遊歩道がミツマタのトンネルになっていました。

04_23_37(1)

04_23_38(1)

04_23_39(1)

所々に丸太のベンチが置かれています。

04_23_40(1)

少し黄色が残っていました。

04_23_41(1)

04_23_42(1)

伊勢地地域住民センターは小学校の跡地だったようで、懐かしい二宮金次郎像が立っていました。

右の記念碑には、美杉村立美杉南小学校の文字、左の記念碑には伊勢地小学校と刻まれていた。

04_23_43(1)

右が伊勢地橋のものですが、左は読めませんでした。

04_23_44(1)

ポストも保存されていました。センターの横に郵便局があります。

04_23_45(1)

桜の満開時期に行けなかった名勝三多気の桜に寄り道しました。

国道からの入り口と駐車場には最後の桜が残っていました。

04_23_46(1)

この道を上って撮影スポットに向かいます。

04_23_47(1)

途中にある登録有形文化財:田中家住宅主屋です。

江戸後期の建築で、110㎡ の面積で中は公開されていませんが、縁側を見ることができます。

04_23_48(1)

ここが三多気の桜の撮影スポットです。残念ながら桜は散ったあとでした。

5年前の散り始めに訪れた時は、三脚がずらっと並んでいて隙間から撮らせてもらいました。

ここは諸木野のように田植えはされていません。

04_23_49(1)

04_23_50(1)

同じ場所で5年前の 2014年4月14日に撮ったのが次の3枚です。

IMG_5225

IMG_5229

IMG_5238

来年は美杉のミツマタと三多気の桜は最盛期に来よう。

ところで、帰りの時刻がちょうどお昼時だったので、道の駅伊勢本街道御杖に寄って

何か購入しようとしたが、この道の駅は何もありません。

売店らしきものがなく、自動販売機と温泉施設があるだけです。

入りにくいお食事処はあったが、入らずに榛原まで走り続けました。