近鉄奈良駅に着いたのがちょうど正午頃で、御渡り式の行列が出発する時刻でした。

改札を抜けて地上に出ると、行列が通るのを待つ人だらけでした。

この日は平日ですが、地元奈良市の学校は午後から休みにしたそうです。

中には外国人の観光客も居ましたが、さすがの余り目立ちませんでした。

12_17_03(1)

しばらくすると御渡り式の先頭がやってきました。

12_17_04(1)

12_17_05(1)

美しい顔は見せてくれませんでした。

12_17_06(1)

どこの行列でも先頭の馬には地元の市長さんが乗っています。

中川げん市長、笑顔を振りまいていました。

12_17_07(1)

12_17_08(1)

12_17_09(1)

12_17_10(1)

奈良駅前での撮影は早々に切り上げて三条通りに向かいました。

東向通り商店街も人で溢れ、ゆっくりでしか進めません。そこらじゅうに警官が立っていました。

興福寺南側の三条通りはすでにいっぱいでしたが、何とか場所を確保しました。

御渡りの先頭がやってくるまで30分ほどありましたが、ここで待つしかありません。

12_17_11(1)

興福寺南大門跡の階段の上に、薙刀を持った5名の僧が座りました。

12_17_12(1)

御渡りの先頭がやってきました。

12_17_13(1)

可愛いお稚児さんが続きます。

12_17_14(1)

12_17_15(1)

12_17_16(1)

ここでも顔は見せてくれませんでした。

12_17_17(1)

一瞬、顔が見えました。

12_17_18(1)

12_17_19(1)

12_17_20(1)

12_17_21(1)

12_17_22(1)

12_17_23(1)

奈良の神子(みこ)、べっぴんさんです。

12_17_24(1)

12_17_25(1)

12_17_26(1)

12_17_27(1)

12_17_28(1)

竹笹に何かいっぱいぶら下げてあります。

12_17_29(1)

12_17_30(1)

12_17_31(1)

12_17_32(1)

稚児流鏑馬(ちごやぶさめ)です。

12_17_33(1)

14:30 から一の鳥居と二ノ鳥居の間で流鏑馬が行われたのですが、観てません。

12_17_34(1)

12_17_35(1)

12_17_36(1)

12_17_37(1)

大きな長い刀(野太刀)が通っていきます。

12_17_38(1)

12_17_39(1)

12_17_40(1)

12_17_41(1)

12_17_42(1)

一の鳥居を少し過ぎた影向(ようこう)の松の前で「松の下式」が行われます。

12_17_43(1)

有料観覧席以外は人で身動きができませんでしたが、何とか入り込みました。

12_17_44(1)

芸能が始まりました。

12_17_45(1)

12_17_46(1)

12_17_47(1)

12_17_48(1)

12_17_49(1)

12_17_50(1)

12_17_51(1)

12_17_52(1)

参道を春日大社に向かって進んでいきます。

12_17_53(1)

12_17_54(1)

12_17_55(1)

12_17_56(1)

12_17_57(1)

12_17_58(1)

12_17_59(1)

ちょっと前に落慶法要があった興福寺中金堂に入ろうかと思いましたが、

外から仏像が見えていたので止めました。
12_17_60(1)

本尊の釈迦如来坐像です。

12_17_61(1)

12_17_62(1)

四天王も見えました。

12_17_63(1)

12_17_64(1)

初めて春日若宮おん祭の御渡り式を観ましたが中々見応えがありました。

来年も行けたら行こう。