3年ぶりに宇陀市榛原戒場の戒長寺を訪れました。

偏屈住職が居られるので、ためらいながらの訪問でした。

例年なら下の駐車場に車が止まると上から見下されるのですが、今日は姿が見えません。

恐る恐るお寺に上がって行くと、やっぱりご住職の姿はありませんでした。

住居を覗いてみると、灯りもなく、人が住んでいるようには見えませんでした。

もう常駐されなくなったのか、時間になると来られるのか分かりませんが、

最後までお会いすることはありませんでした。やれやれ。

荒れた階段を登って行くと山門兼の鐘楼ですが、イチョウの落ち葉が少ない。

3年前の2015年11月20日の様子がこちらです。→

11_21_01

右に行くと戒長神社の鳥居です。

11_21_02

11_21_03

11_21_04

11_21_05

この時期に境内の地面が見えるのは珍しい。

11_21_06

11_21_07

11_21_08

11_21_09

11_21_10

11_21_11

11_21_12

11_21_13

11_21_14

11_21_15

11_21_16

11_21_17

11_21_18

住居の方は荒れていました。

11_21_19

11_21_20

よそのお寺のイチョウの木では、この垂れ下がったものが母乳の出が良くなるご利益があると

崇められていましたが、ここでは崇められていません。

11_21_21

11_21_22

駐車場の前で見つけました。

11_21_23

下から戒長寺に上がってくる途中の紅葉です。

11_21_24