天川村のみたらい渓谷から国道309号線で、行者還トンネルを抜けて上北山村に入りました。

行者還トンネルからナメゴ谷付近までは、奈良県でも屈指の紅葉山岳道路でしょう。

国道309号線の天川村側の紅葉はさほどでもないが、行者還トンネルを越えた途端に

紅葉の様子は一変して素晴らしいの一言です。

11_02_60

11_02_61

11_02_62
11_02_63

11_02_64

11_02_65

11_02_66

11_02_67

11_02_68

11_02_69

11_02_70

11_02_71

11_02_72

11_02_73

11_02_74

11_02_75

11_02_76

11_02_77

11_02_78

ナメゴ谷展望地から東の方向を眺めています。

11_02_79

11_02_80

深い谷に掛けられた橋からナメゴ谷を眺めていると、大きな車の通過で大きく揺れました。

11_02_81

11時頃なので、左前からの逆光で青空が白くなってしまいます。

ここは、早朝が良いと聞いてはいるのですが・・・

この日も中型観光バスが2台やってきました。

11_02_82

11_02_83

11_02_84

11_02_85

11_02_86

11_02_87

11_02_88

11_02_89

11_02_90

11_02_91

11_02_92

この後、期待はしてないがこの秋4度目の大台ケ原ドライブウェイを走りました。

紅葉していた木も多くが葉っぱを落とし、灰色の世界になりつつありました。

でも、大台ケ原駐車場には空きが少ししかない状態でした。

山道走行で汚れた車をドライブウェイ途中の水場で洗車してから帰路に付きました。

15時までに帰る予定でしたが、少し早い14時35分の帰宅でした。