ぶらっと曽爾村を4時間ほど走ってきました。

最初に訪れたのは屏風岩公苑です。

桜の紅葉と言うより、枯れ葉状態でしたが、それなりに綺麗でした。

10_29_01

10_29_02

10_29_03

10_29_04

10_29_05

10_29_06

10_29_07

10_29_08

10_29_09

10_29_10

駐車場には先客の二人連れが登山の準備をしていました。

尋ねると、屏風岩の上に行くそうです。公苑の奥から登れるようです。

10_29_11

10_29_12

公苑のススキ越しに遠くの山なみが見えます。

10_29_13

10_29_14

新嶽見橋から見る鎧岳は素晴らしい。

10_29_15

10_29_16

10_29_17

鎧岳も曽爾郵便局の近くから見上げると形がガラッと変わります。

10_29_18

10_29_19

曽爾郵便局前の青蓮寺川にかかる沈下橋です。

10_29_20

伊賀見のフジバカマ園でアサギマダラを撮ろうとやってきました。

10_29_21

フジバカマの花は終わりかけで、アサギマダラの姿は一匹もありませんでした。

昨年 10/31 に訪れた時にはそこそこいました。その時の記事がこちら→

今年はもう旅立ってしまったのでしょうか?

10_29_22

10_29_23

10_29_24

曽爾高原にやってきましたが、昔の面影なく、ススキもどきのオギも無残な状態でした。

台風で穂が飛ばされたこともあるが、年々悪くなっています。

昨年はもうちょっとマシでした。→

10_29_25

10_29_26

10_29_27

10_29_28

亀山峠目指して登って行きます。

10_29_29

10_29_30

10_29_31

10_29_32

10_29_33

風にたなびく穂がほとんど見られません。

10_29_34

昔はこの方向で山なみを見ると、ススキの穂の上に見られましたが、この無残な姿です。

10_29_35

10_29_36

ススキもどきのオギの穂もこのように小さくて見栄えが悪い。

10_29_37

10_29_38

10_29_39

高原から下る途中の紅葉です。

10_29_40

10_29_41

門僕(かどふさ)神社のお葉つきイチョウの下で銀杏拾いをしておられました。

10_29_42

80才のあ婆さんで、バケツに半分ほど入っていました。

10_29_43

お葉つき銀杏は7月8月に落ちてくるそうで、この時期には見られないとのことでした。

10_29_44

頭上を見上げると鈴なりの銀杏でした。

風が吹くたびにポロポロと落ちてきます。体に当たると大変なので注意しました。

10_29_45

10_29_46

10_29_47

10_29_48