秘密の無料駐車場から、春日野園地会場・甍会場の中を通り抜けて浮見堂会場に行く前に

飛火野で鹿を撮りました。

春に生まれたバンビは、まだ人に慣れていないのですぐに離れてしまいます。

08_07_01

写真を撮らせてくれました。牡鹿は堂々としてされるがままでした。

08_07_02

そんなに猛暑ではなかったのですが、へたりこんだ鹿があちこちで見かけました。

08_07_03

飛火野から国道をまたいで浮見堂の手前までやって来ると、夕日が沈む時間でした。

慌てて小走りで鷺池まで来ましたが、沈んでしまいました。時刻は18時45分でした。

08_07_04

夕日が沈み、19時になって明かりが灯されました。

19時15分になっても浮見堂はまだこの明るさでした。

08_07_05

カップルがボートを漕ぎ出しました。

08_07_06

徐々に暗くなってきました。

08_07_07

08_07_08

08_07_09

08_07_10

08_07_11

08_07_12

この日は浮見堂には入れませんでした。

08_07_13

08_07_14

浮見堂を後にして、すぐ北側の浅茅ケ原会場にやって来ました。

灯りの中を自由に行き来できますが、昼間なら避ける鹿の糞を何度も踏んでいるでしょう。

08_07_15

こういう会場では浴衣姿が映えます。

08_07_16

浅茅ケ原会場から浮雲園地会場の入り口にやって来ました。

08_07_17

広い園地に無数の灯りがあります。正面向こうの建物が奈良春日野国際フォーラムです。

08_07_18

甍~I・R・KA~会場の灯りです。

なら瑠璃絵の時は有料エリアですが、燈花会では自由に入れます。

08_07_19

08_07_20

08_07_21

撮影の順番待ちで少し並んでいました。スタッフさんが撮ってくれます。

08_07_22

08_07_23

08_07_24

08_07_25

なら瑠璃絵の時はこの川の両側からミストの霧が出てました。

08_07_26


時刻が8時半を過ぎたので、そろそろ駐車場に向かいます。

甍~I・R・KA~会場から春日野園地会場に降りる階段です。

08_07_27

春日野園地会場の灯りです。

08_07_28

春日野園地を通り抜けて東大寺まで戻ってきました。

東大寺鏡池に写る大仏殿です。ここが灯りで囲まれるのは、8/13・8/14 の2日だけです。

08_07_29

08_07_30

東大寺中門からライトアップされた大仏殿が見られます。

08_07_31

中門正面廻廊です。

08_07_32

中門西側に立つ持国天像です。

08_07_33

中門東側に立つ毘沙門天像です。

08_07_34

8/13 ・ 8/14 の二日間は、大仏殿夜間拝観(19時~21時)が無料になります。

08_07_35

東大寺の裏は、鹿の寝床になっているようで、黄金色に輝く鹿の眼があちこちにありました。

08_07_36

この日は約 6km 歩きました。見ていない所もあるので、もう一度行こうかな!

予定通りの21時30分の帰宅でした。