ずっと観察してきたカイツブリの巣でヒナが誕生していました。

今年は親鳥が抱卵する姿をほとんど見かけなかったのでどうかなぁと思っていましたが、

突然巣の近くでヒナが泳いでいるのえを見ました。

例年だと、しばらくは巣の上で子育てしているが早くもヒナが泳いでいました。

当然ですが、ヒナの数は卵の時とおなじ2羽でした。

こうして見るとヒナの大きさが分かりませんが、滅茶苦茶小さいです。

07_25_01(1)

カイツブリの親の大きさは握りこぶし2個ほどです。

07_25_02(1)

親の羽の中に隠れようとしています。

07_25_03(1)

隠れ終わってヒナの姿は見えなくなってしまいました。

カイツブリは人を見かけるとすぐに潜って遠ざかりますが、ヒナが羽の中にいるので潜りません。

07_25_04(1)

我がマンションの非常階段にいました。

大きさはトノサマバッタほどですが、濃い茶色をしています。トノサマバッタですか?

07_25_05(1)

07_25_06(1)