この日のトレッキングコースは次の通りです。

駐車場(1571.7m)→分岐点展望台(1637.6m)→日出ヶ岳山頂(1694.9m)→

→正木峠(1680.9m)→正木ヶ原(1635m)→尾鷲辻→牛石ヶ原(1583.5m)→

大蛇嵓(1578.6m)→牛石ヶ原→尾鷲辻→駐車場→山の家→駐車場  

約10km 5時間ゆっくり歩きました。

以下の写真は、その1と同じように歩いたコース順で同じようなものです。

最初は日出ヶ岳山頂からの雲海です。


10_26_46(1)

尾鷲湾が光り輝いていました。

10_26_47(1)

10_26_48(1)

立ち枯れ木の向こうに光り輝く尾鷲湾です。

10_26_49(1)

10_26_50(1)

10_26_51(1)

10_26_52(1)

下り木道の向こうに光り輝く尾鷲湾です。

10_26_53(1)

10_26_54(1)

どこまで続くのやろうと思いますが、たいしたことありません。

10_26_55(1)

10_26_56(1)

10_26_57(1)

10_26_58(1)

10_26_59(1)

コースの中で唯一の水溜りです。

10_26_60(1)

ちょっと歩き難くなってきました。

10_26_61(1)

神武天皇像です。人の手で担ぎ上げたのでしょうか?それともヘリコプターでしょうか?

10_26_62(1)

大蛇嵓からの眺めは最高です。

10_26_63(1)

幻の滝も見えました。

10_26_64(1)

右上の中の滝が大雨でいつもより幅広の瀑布になっていました。

左下にいつもは見えない幻の滝も見えました。谷底からは流れの音も聴こえてきました。

10_26_65(1)

中の滝です。

10_26_66(1)

幻の滝です。

10_26_67(1)

大蛇嵓の先端から谷底を覗きました。

10_26_68(1)

大蛇嵓の右手の紅葉が見事でした。

10_26_69(1)

10_26_70(1)

10_26_71(1)

10_26_72(1)

10_26_73(1)

10_26_74(1)

ここで向いの大峰山系の山の名前を尋ねる人が出ると、横に居た人がスマホのカメラに

山並みを写し出すと山の名前が画面に現れたのです。

GPS を利用したアプリの様で、これにはビックリしました。便利な時代になりました。

近畿地方の最高峰八経ヶ岳(1915m)もクッキリ望めました。

10_26_75(1)

10_26_76(1)

綺麗な紅葉に見えますが、台風の影響で終わりかけていました。

10_26_77(1)

10_26_78(1)

10_26_79(1)

工事車輌が大きな音で過ぎ去っていきました。

聴くと、駐車場から尾鷲辻まで30分かかるそうで振動が半端ないそうで乗り心地は最悪。

10_26_80(1)

雨のあとだったら綺麗でしょう。

10_26_81(1)

10_26_82(1)

10_26_83(1)

10_26_84(1)

ドライブウェイ途中での景色です。

10_26_85(1)

一昨年はここに雲海が出ていて最高でした。

10_26_86(1)

その1とその2の写真をスライドショーにしたものです。BGM は入っていません。



難儀した宮滝に出るまでの走行を GPS で残しておいた記録です。

一時、間違って東吉野村方面に相当走っていたことが分かります。

ナビは最短ルートで設定しているので宮滝をパスしてショートカットして県道262号線に入り、

崩落現場でUターンしたのです。真っ暗でどこだかさっぱり分かりませんでした。

赤線が走行した所を示しています。

国道370号線を大宇陀の方から南下して窪垣内交差点で左折して国栖交差点を右折して

県道262号線に入った所で崩落があり行き止まりになっていました。

真っ暗な狭い県道で少し後退して何とか転回して引き返し、国栖交差点で右折して

東吉野村方面に向かっていたが、何かおかしいと思ってUターンして国栖交差点を通り過ぎて

暫く走ると宮滝大橋北詰交差点の見慣れた消防署の所に出て一安心でした。

26 大台ケ原への道1

上のデータを地図で示したものです。

26 大台ケ原への道2

今年は思いがけない通行止めに会いましたが、来年も紅葉時期に行きます。

10/28 朝日新聞朝刊の奈良版に、大台ケ原正木峠から眺めた富士山が紹介されていました。

正木峠から富士山

大台ケ原と富士山の距離を測ってみました。

大台ケ原と富士山の距離