梅雨の中休みが続いていて天気が良くて気持ちいい。

たわわに実ったビワの実をスズメが突いていました。


06_13_01(1)

06_13_02(1)

ちょっと見難いですが、溜池に少し大きめのオタマジャクがたくさん泳いでいました。

拡大表示すれば見えます。

06_13_03(1)

毎日観察しているツバメの巣ですが、この日は一羽しか見えません。

ちょうどこの家の人が田植えから帰ってこられ、聴いてみると、五羽の内、昨日までに

三羽が巣立ち、一羽がカラスにさらわれたそうです。

残っているのが最後に産まれた一羽だけです。

この家では、この門の内側にもツバメの巣があるそうで、全部カラスの餌食になったそうです。

06_13_04(1)

06_13_05(1)

お父さんツバメの鋭い眼光が物語っているように感じました。

最後の一羽が無事巣立つことを祈りましょう。

このお宅では、巣立ったあとの巣はこのままにしておくそうです。

暫くしてまた産卵する年もあるそうです。

06_13_06(1)

ケリの繁殖期に入ったのか、上空を旋回して威嚇します。

06_13_07(1)

06_13_08(1)

06_13_09(1)

これは東吉野村からの帰りに宇陀の田んぼで撮ったものです。

ここには二羽しか写っていませんが、十数羽のグループでした。

06_13_10(1)