朝から雲ひとつない快晴なので、菩提寺への墓参ついでに斑鳩町岡本の法起寺を訪ねました。

昔々はこの時期になるとお寺の周囲がレンゲの花で見事な風景だったのですが、

カメラマンを含む観光客のマナーの悪さに手を焼いた農家の方が種をまくのを止めてしまった。 

まだ田植えの時期には早く、花も少なかった。

04_28_01(1)

04_28_02(1)

04_28_03(1)

04_28_04(1)

04_28_05(1)

04_28_06(1)

04_28_07(1)

田植えが終わればこの景色ももっといいでしょう。

04_28_08(1)

04_28_09(1)

04_28_10(1)

お寺南側の大きな木が伐採されて外から丸見えになっていました。

04_28_11(1)

松尾山の奈良テレビの電波塔とのTwo Shot。

04_28_12(1)

英語・中国語・韓国語があるバス停看板。

今では「ほうきじ」ですが、昔は「ほっきじ」と呼ばれていました。

世界文化遺産になったことで、法隆寺・法輪寺に合わせて「ほう」と呼ぶように

なったのです。

04_28_13(1)

お寺前の道路を挟んだ所にある小さな溜池です。

04_28_14(1)

護岸が整備されていて、こんな伝説がある池には見えません。

04_28_15(1)