心配された天気も夜まで問題なしとの予報でしたが、午前中は青空のお祭り日よりでした。

お祭りは午後からですが、いつも車を停める宇太水分神社近くの空き地を確保するため、

9時半に家を出て30km を小一時間で到着しました。

ここで仰天、道路に面した所に「私有地に付き、契約者以外駐車禁止」の張り紙があった。

幸い私有地でない所に空きがあったので停められました。

11時頃になり、子供太鼓台がやってきました。

10_16_01(1)

滅茶苦茶狭い所に四人座っています。

10_16_02(1)

一の鳥居を通って他の子供神輿もやってきました。

10_16_03(1)

10_16_04(1)

10_16_05(1)

境内の砂場を一周するのに車輪が沈んで四苦八苦してました。

10_16_06(1)

12時になると、和太鼓「奏(そう)」の演奏が始まりました。見事なバチさばきでした。

メンバーが少なくなってきたそうで、団員募集中とのことです。

10_16_07(1)

10_16_08(1)

トップで古市場宮本の太鼓台が二の鳥居を通って宮入です。

10_16_09(1)

10_16_10(1)

ソウザイ・ソウザイの掛け声で境内を練り周ります。

10_16_11(1)

日の丸を掲げた岩崎八坂神社の太鼓台です。

10_16_12(1)

10_16_13(1)

太鼓台に乗っている子供は地面に降りることができません。

10_16_14(1)

松井天神社の太鼓台です。

10_16_15(1)

10_16_16(1)

10_16_17(1)

宇賀志の太鼓台です。

10_16_18(1)

10_16_19(1)

10_16_20(1)

10_16_21(1)

練りまわしを終えると記念撮影です。

10_16_22(1)

佐倉の太鼓台が宮入しましたが、次の芳野の太鼓台が遅れているため、30分ほどの

時間調整となりました。

10_16_23(1)

10_16_24(1)

10_16_25(1)

佐倉には、唯一女性担ぎ手がいたのですが見かけませんでした。

10_16_26(1)

10_16_27(1)

10_16_28(1)

6台の太鼓台の中で一番大きな芳野敬神社の太鼓台です。

10_16_29(1)

10_16_30(1)

10_16_31(1)

10_16_32(1)

槍振の入場です。

10_16_33(1)

これ造花なのに花吹雪が舞っていました。

10_16_34(1)

最後に神輿入場です。

10_16_35(1)

各神社の氏子代表が集まって、神に榊を添えて行事が進みます。

10_16_36(1)

10_16_37(1)

10_16_38(1)

10_16_39(1)

10_16_40(1)

10_16_41(1)

写真はまだまだあるので、その2で紹介します。