10/15 に行われた天理市の石上神宮ふるまつりを撮ってきました。

【神宮最大の祭典で、「ふるまつり」とも、また市内の田町(旧田村)の御旅所まで
 渡御するので「田村渡(たむらわた)り」とも呼ばれています。
 午前中、田町より衣冠姿の稚児が騎馬で従者を伴い御幣(ごへい)を捧持して社参します。
 その後午前10時から例祭を斎行、この時稚児より荷前(のさき・新穀の穂のついたままの稲株)
 が奉られ奉幣(ほうべい)の儀を行います。

 午後1時に渡御行列が進発、田町の御旅所(おたびしょ)まで片道4キロを往還して、
 午後4時に還御祭(かんぎょさい)が行われます。

 渡御の行列は総勢200人に及び、御霊代(みたましろ)を奉安する御鳳輦(ごほうれん)は
 県内最大規模のもので、華麗な時代行列をくりひろげます。】


10時から石上神宮で例祭が行われ、13時の渡御出御の儀の後、天理市内を通って田町の

御旅所である厳島神社を目指します。

この日は、御旅所の厳島神社で渡御行列を出迎えました。

10_15_01(1)

予定通り、14時の渡御行列が到着しました。

先頭で鞍上の天理市長らは神社入り口で下馬されました。

10_15_02(1)

出迎えの雅楽演奏です。

10_15_03(1)

この巫女さんは昨年と同じ人です。

10_15_04(1)

皆さん歩き疲れてやれやれとつい笑顔が出ます。

10_15_05(1)

10_15_06(1)

10_15_07(1)

10_15_08(1)

10_15_09(1)

御旅所祭の準備が整いました。

10_15_10(1)

社殿からお供え物が手渡しで運び出されます。

10_15_11(1)

10_15_12(1)

10_15_13(1)

10_15_14(1)

10_15_15(1)

10_15_16(1)

10_15_17(1)

10_15_18(1)

10_15_19(1)

宮司さんの祝詞が始まったが聴こえませんでした。

10_15_20(1)

祝詞の後、奉納舞です。

10_15_21(1)

10_15_22(1)

10_15_23(1)

10_15_24(1)

10_15_25(1)

10_15_26(1)

左から2番目が並河天理市長です。

10_15_27(1)

子供はのんびり見てます。

10_15_28(1)

10_15_29(1)

祭事が終わり、お供えが下げられます。

10_15_30(1)

10_15_31(1)

10_15_32(1)

見事な鯛です。

10_15_33(1)

10_15_34(1)

10_15_35(1)

太鼓台で遊ぶ子供

10_15_36(1)

10_15_37(1)

10_15_38(1)

15時の渡御行列お帰りを見送られます。

10_15_39(1)

15時ちょうどに出発しました。

10_15_40(1)

10_15_41(1)

10_15_42(1)

10_15_43(1)

10_15_44(1)

10_15_45(1)

10_15_46(1)

10_15_47(1)

10_15_48(1)

10_15_49(1)

10_15_50(1)

16時に出発地の石上神宮に着いて還御祭が行われてふるまつりは終わります。

渡御行列到着の動画です。

 
御旅所厳島神社の歴史

10_15_51(1)