昨年は午後から天気が怪しくなり、開始時間直前に来迎橋でのお練りが中止になりました。

2014年は朝から曇天で行くのを止め、2013年以来のお練り撮影です。

今年は絶好の晴天で、12時過ぎから金堂前の灯籠横に場所を確保しました。

三脚と脚立を準備して行くと、カメラマン仲間から三脚と脚立は使用禁止だと言われた。

お寺の方に聞くと、トラブル防止の為に今年は警備員に周知しているそうだ。

昨年は何も言われなかったのに残念です。それでも始まってしまえば脚立を使ってる。

11枚目の写真までミラーレスで高所撮りしたものです。

極楽堂(国宝本堂)から娑婆堂までの極楽橋の周囲が人で埋め尽くされてきました。

05_14_01(1)

すぐ前に隙間があるのは見物場所として条件が悪いから空いているのです。

05_14_02(1)

極楽浄土から中将姫様を輿に乗せて娑婆堂へお連れして行きます。
05_14_03(1)

お稚児さんも娑婆堂に向かいます。今年は先導のお稚児さんが居ませんでした。
05_14_04(1)

05_14_05(1)

お坊さんも娑婆堂に向かいます。

05_14_06(1)

菩薩さんも娑婆堂に向かいます。
05_14_07(1)

05_14_08(1)

介添えが付かないで踊りながら下って行くのは少し怖いでしょう。
05_14_09(1)

05_14_10(1)

05_14_11(1)

ここから目線で撮ったものです。輿がまもなく娑婆堂に到着します。

05_14_12(1)

娑婆堂での儀式を済ませてお坊さん達が極楽堂へ帰っていきます。

05_14_13(1)

一番偉い人がここから行事を見守ります。

05_14_14(1)

今年のお稚児さん達は愛想がとても良く、手を振ったりポーズをとったりしてくれます。

05_14_15(1)

下の写真は動画から切り取りました。

05_14_16(1)

05_14_17(1)

下半身も入れて撮ると見物人の頭が写ります。

05_14_18(1)

05_14_19(1)

05_14_20(1)

05_14_21(1)

菩薩さんが連行されてるように見えます。
05_14_22(1)

05_14_23(1)

05_14_24(1)

05_14_25(1)

05_14_26(1)

05_14_27(1)

05_14_28(1)

05_14_29(1)

05_14_30(1)

お面の中は相当暑くなっているでしょう。

05_14_31(1)

菩薩さんの後背から後光がキラキラ放たれます。

05_14_32(1)

蓮台に載った中将姫さまの像を大きく振って娑婆堂から極楽浄土へ送って行きます。

05_14_33(1)

05_14_34(1)

05_14_35(1)

05_14_36(1)

05_14_37(1)
05_14_38(1)

05_14_39(1)
05_14_40(1)

今年のお練りは西日が当たってキラキラ輝いて本当に素晴らしかった。

05_14_41(1)

最後に輿が極楽堂に帰って行きます。

05_14_42(1)

05_14_43(1)

 また来年に期待しましょう。

11本の動画を1本にまとめた全編版です。途中で画面が乱れる所をカットしました。