いつも行く散髪屋のことです。

正面鏡の横に色んな物を置く棚にいつも真っさらなタオルが40枚ほどびっしり入れられています。

どの席も同じで使われて隙間ができているのを見たことがありません。

店員さんがタオルを使用するときは、タオル蒸し器の横から乾いたタオルを持ってきます。

使われないタオルは実際に使用するタオルより薄っぺらですが、フワフワ感を出しています。

これって、完全に演出ですね。