JR奈良駅から奈良公園に向かって歩いていると、すれ違う人の話し声は中国語ばかりです。

春節休みで多くの中国人が来日しているのを体感します。

その中で韓国語も少し入り混じっていました。

15分も掛からないうちに奈良公園の入り口猿沢の池に到着しました。

午後6時になって、南円堂から鐘の音がゴ~ンとなり始めました。 

02_09_01

昔々は木の高さも今より低くて五重の塔ももう少し見えていたように感じます。

02_09_02

南円堂裏の三重塔越しに夕焼けが見えました。

02_09_03

興福寺の五重の塔は片面だけライトアップされていました。

02_09_04

竹あかり(高山竹あかり)に塔が囲まれています。

02_09_05

次に向かったのは浮見堂でしたが、ここでは特になら瑠璃絵の電飾はありませんでした。

なら瑠璃絵の会場になっていないので、観光客の姿はありませんでしたが、人力車が1台来ていた。

夏の燈火会の時の電飾時にまた来よう。

02_09_06

02_09_07

メイン会場入口です。

02_09_08

この飾りはつい先日行われた平城宮跡での奈良大立山まつりのものでした。

02_09_09

まず無料の出口から撮りました。

02_09_10

奇抜ですね。

02_09_11

メイン会場の奈良春日野国際フォーラムに入ると、なら瑠璃絵のリーフレットが日本語・英語・

中国語・韓国語の4種類が用意されていました。

02_09_12

電飾の中を歩いている人達は、500円で花たんざくを購入して庭園内に作られた冬七夕ロードを

通った先にある冬七夕ツリーにたんざくを掛けられるそうです。

おっさん一人では恥ずかしくて行けませんと言うより500円をケチりました。

02_09_13

02_09_14

無料を楽しむにはこの光の回廊を通り抜けて行きます。

02_09_15

霧を演出しているのでしょうが、余りいただけません。

02_09_16

海がない奈良県になぜイルカなんでしょう。

02_09_17

02_09_18

02_09_19

02_09_20

02_09_21

02_09_22

メイン会場をあとにして、さあ春日大社のライトアップか東大寺か迷いました。

大仏殿前の鏡池では、噴水アートが繰り返されていました。

水しぶきがこちらに流れてきます。

02_09_23

大仏さんのお顔を観るのは久しぶりです。

02_09_24

夜だから鹿の姿はほとんど見掛けなかったんですが、東大寺に一頭だけ居ました。

02_09_25

猿沢の池まで戻ってきました。

02_09_26

すっかり空が黒くなりました。

02_09_27

02_09_28

JR奈良駅の旧駅舎です。微かに屋根の相輪が見えます。

時計の針は8時20分を指しています。

24分発の区間快速大阪行きに乗る予定で、こんな写真を撮ってる場合じゃありません。

02_09_29

奈良駅前の宝くじ売り場には、昨年のサマージャンボで6億円当選が出ましたとありました。

今日もよく歩きました。地図で歩いた場所を辿ってみると約8km 歩いていました。

もうヘトヘトで帰路につきました。