近所の勝手神社に建っている灯籠です。

灯籠正面の下には、當村安全の文字が右から刻まれています。

01_17_01

一見そんなに古そうには見えないのですが、手前の灯籠は文政13年(1830年)の11月建立です。

文政は13年の11月が最後で、12月は天保元年になります。

この3年後の天保4年に大飢饉があったんです。

01_17_02

反対側の灯籠も同年建立かと確認したところ、読みにくいですが明治27年(1894年)1月と

刻まれていました。こちらは122年前の灯籠です。

01_17_03