近所を散歩していると、こんな所にこんなんあることに気づきます。

今日も自宅から1km 近く離れた村の中を歩いていると、

鎮守の森みたいなものを見つけて行ってみた。

鳥居の額を見ると、三十八柱神社とあったが神社を紹介する案内板もない。

帰宅して検索してみると、「みそやはしらじんじゃ」と読むらしい。

奈良県には多くの三十八柱神社があるが、ここの由緒は紹介されていなかった。

場所は天理市稲葉町の村の中にあります。

01_15_01

01_15_02

拝殿の奥に社があります。

01_15_03

近くの畑の中に柿には見えない柿が残っていました。

01_15_04

01_15_05

こんな青空だったら少し遠くに行けば良かった。