新聞折り込みの「ならリビング」に載ってました。

真冬の夜に平城宮跡で光る巨大な人形を巡行する企画らしい。

2015_12_06


何でも高さ5~10メートル、幅9メートルほどで、厄を落とし災いから守るとされる

四天王をモチーフにして4基つくるらしいが、真冬の奈良の新しい行事として

観光客を呼び込めるのか、最初で最後の可能性もある。

詳しくはコチラ→

2億円の予算に偽ねぶた祭と県議会等で反対もあったようです。