皆さんはもうお気づきだと思いますが、最近の撮影では鳥瞰的に撮ってます。

それには最初、普通の一脚を使用していたのですが、長くして構えると揺らぎます。

そこで、こんな物を購入しました。

          カメラ用ポール
雲台に取付けられるカメラの質量は500g までとなっています。

ミラーレスでは少しオーバーしますが特に問題ありません。

ただし、思わぬことでカメラの落下が考えられるので、常にストラップは掴んでいます。

シャッターはセルフタイマーを使っています。

1.8m まで無段階に延ばせ、最短収納で0.9m 程度で300g と軽量です。

雲台部が抜いて外せるようになってるのですが、ガタがあるので改良しました。

また、携帯するためにショルダーベルトも付けました。

カメラを頭上高く持ち上げるだけでなく、一脚としても使用できます。


これで撮影すると少し変わったアングルになります。

下がひとつの例です。普通に撮っていたら屋根の上は入りません。

11_19_06