デスクトップパソコン(Windows 7)をWindows 10 にバージョンアップすると

10年近く使ってきたプリンターが使えなくなることがはっきりした。

かと言って、何も悪い所がないものを捨てて新しいものを買うのはもったいない。

だったらプリントアウトはモバイルノートパソコン(Windows XP)を使用する手がある。

立ち上がりとシャットダウンにイライラするほど時間がかかってるので何とかしよう。

ハードディスクは、C:20GB・D:60GB にパーティション分割してある。

調べてみると、Cドライブは18.7GBが使われていて空き領域が少なすぎる。

そこで、今後使わない不要なソフトをアンインストールすると16.7GBになった。

あれだけアンインストールしてもこれだけではダメです。

ディスクのクリーンアップをしてみると、14.2GBになった。

あとWindows 修正プログラムのアンインストール情報を削除すればもっと空きが増えるが、

下手にいじって不具合が発生したら元も子もないので止めておこうと思ったが、

2012年までのものを削除したら13.6GBとなった。

再起動してみると、めちゃくちゃ早くなって復活しました。

デフラグもして終わりです。

なお、このマシンはインターネットから切り離して使用します。

ちなみにこのモバイルノートパソコンは、2004年購入のDELL INSPIRON 700mです。

プリンターは2005年購入のCanon PIXUS ip7500です。

WindowsXP