東日本豪雨災害の被災者の方々にはお見舞い申し上げます。

一日でも早く復旧できるように応援します。


8/24 に訪ねてから中々天気に恵まれなくてようやく再訪しました。

早朝だと花が開いていないのを承知で駐車場が空いている間に行きました。

7時出発で7時20分到着でした。

今年は株の数が少ないのか、一面紫の絨毯にはなっていませんでしたが、

これはこれでいいですね。

09_11_01

09_11_02

このように、まだ花が開いていません。

09_11_03

西から東向きに撮ると、朝陽が透けて見えます。

09_11_04

今日もタマシギ目当てのカメラマンが狭い畦道に陣取っています。

大きな三脚を据えようとしたので、ここは三脚禁止ですよ。マナーを守りましょう。

と注意したら仕方なしに手持ちで撮っていました。

駐車場の車のナンバーを確認すると、山形ナンバーのキャンピングカーや県外の車が多かった。

09_11_05

お目当てのタマシギは四羽の雛だけでした。

暫く見ないうちに随分大きくなっていましたが、お父さんの姿が見えません。

09_11_06

仮設トイレの近くにお父さんが居ました。ミミズを咥えていました。

09_11_07

東塔跡礎石のホテイアオイは無くなっていましたが、空の写り込みがいいですね。

09_11_08


ホテイアオイの花が開くのを待っていても時間がもったいないので明日香に向いました。

少し前、事故があった飛鳥橋の欄干には赤いコーンが置かれていたが、あんな事故が

あったとは思えませんでした。

甘樫丘の麓に車を停めて周辺を歩きましたが、彼岸花はすっかり無くなっていました。

小さなツユクサに蜂が来ました。

09_11_09

すごい虫食いの跡です。

09_11_10

明日香・稲渕にも飛鳥川・飛び石にもほとんど彼岸花はありませんでしたが、

石舞台古墳前の道路脇に色の悪い彼岸花が咲いていました。

09_11_11

ひとつの花だけ真っ赤でした。

09_11_12

 
今年の彼岸花はその名の通り、秋のお彼岸辺りに見頃を迎えるでしょう。