甘樫丘の北側にある古宮遺跡・小墾田宮(おはりだのみや)に田植えが終わった風景を

撮りに行ってきました。

畝傍山に陽が沈む夕焼けで撮れたら一番なのですが、場所取りが大変でしょう。

時期的にそんな構図で撮れるのかは知りません。

06_22_01

06_22_02

06_22_03

06_22_04

06_22_05



次に訪れたのが明日香・稲渕の飛鳥川に掛かる飛び石です。

この時期は大きな合歓の木がピンク色に染まっています。

06_22_06

06_22_07

06_22_08


クマバチが居ました。

06_22_09

06_22_10

06_22_11

06_22_12

06_22_13

06_22_14


アザミの下に黄色い蜘蛛が居ました。

06_22_15

06_22_16


細川の棚田越しに見える二上山は霞んでいました。

ここも夕焼けで撮りたいですね。稲が伸びて水面が隠れてしまってはダメです。

06_22_17


畦道に紫陽花が咲いています。

06_22_18


野に咲く名前も知らない花です。

06_22_19


カナブンが居ました。トンボも居たんですが、撮れませんでした。

06_22_20

06_22_21


石舞台古墳から飛鳥資料館に向かう県道15号線の岡寺前駐車場近くからの眺めです。

06_22_22


この日はココで、ちっちゃな電気自動車2台を使ってプロのカメラマンがビデオ録りしてました。

棚田の中の坂道を軽快に走る映像を撮っていたのでしょう。