天理市豊田町のトンド山古墳で発掘調査の現地説明会に行ってきました。

豊田神社の前に車を停めてほんの少し村の中を歩きます。

古墳への入り口は下見した所と同じでした。

受け付けテントで名前を書いて資料を頂きました。

トンド山古墳説明会資料1

トンド山古墳説明会資料2

トンド山古墳説明会資料3

トンド山古墳説明会資料4


今回の発掘調査で出てきた埋蔵品です。盗掘済みのため、たいした物は出てませんね。

05_02_03

05_02_04

05_02_05


パネル展示

05_02_06


下見に来た時には無かった斜路が造られていました。

05_02_07

05_02_08


テントの横に伐採された竹が置かれています。

係の方に聞いたら竹には相当苦労したそうです。

05_02_09


段々、人で埋まってきました。

05_02_10

05_02_11

05_02_12


羨道床面にベンガラで赤く塗られた跡が見られます。

05_02_13


予想以上の人出により、一回目の説明が30分早められました。

05_02_14


花吹雪ならぬ竹吹雪が時折舞います。

05_02_15


今日の暑さでこの中で聴いていると、熱中症にならへんか心配になります。飲み物忘れた。

05_02_16


帰る頃にはこの混雑です。いったい何千人来てるんだろう。

05_02_17

 
この古墳は、この道の延伸工事により発掘調査が行われて発見されたものです。

この辺りでは道路が切り通し部分になり、古墳が斜面になるのでこのままでの保存は

難しそうで、多分埋め戻されてしまうようです。


1年前の状況と余り変わっていません。

新しい道路は、天理東インターに抜ける県道の天理高校農事部花菖蒲園入り口付近で

繋がるようです。

トンド山古墳