昨日の朝刊で天理市の豊田町で未知の石室発見の記事があった。

豊田トンド山古墳記事



記事ではアバウトな地図で何処か分からないので、現地説明会の前に偵察してきました。

天理高校農事部の花菖蒲園辺りだろうと思って行ったらそれらしきものがありません。

早咲きの花菖蒲が少し咲いていました。

04_29_01



県道まで戻って集落の細い道に入りました。

車を空き地に停めて歩いてみることにしました。

ドン突きに豊田神社があり、その前で道路建設工事が行われていました。

神社の右手の竹林の山にブルーシートが見えます。

近くに居られた農家の方に古墳のことを聞いたが知らないとのこと。

この辺りはどこでも掘れば古墳やからねぇーと言われた。

工事中の道路でブルーシートを目指しましたが川と崖に阻まれて行けませんでした。

04_29_02

04_29_15



集落の路地からブルーシートが見えます。

04_29_03


どこからあそこに行けるんやろか?

04_29_04



上の写真の通路ではありませんが、ここから行けると感じた民家の庭の横から竹林に道があった。

04_29_05


登って行くとここでした。場所はココです。

我が家から直線で約4km、天理駅前から歩いて約2km あります。

04_29_06


竹を切り倒した斜面を登って行きます。

04_29_07


これは発掘調査の現地事務所でしょうか?

04_29_08


5/2 の現地説明会に備えて全面ブルーシートで覆われていましたが大きいです。

04_29_09


大きな石が少し見えます。

04_29_13


古墳から見た三輪山方面の景色です。

04_29_10


集落を流れる川の水は清らかで、昔はここで野菜や食器を洗ったりしたんでしょうね。

04_29_11

04_29_14


今日のところは、現地説明会の為の道案内看板はありませんでした。


今日は家を出て約1km 走ったら、オドメータが44444km になりました。

55555km は来年の5月か6月になるでしょう。

04_29_12