菟田野の宇太水分神社の裏手にある奈良カエデの郷 「ひらら」に立ち寄りました。

ここは昨年も秋に訪れたのですが、紅葉の時期を逃してしまいました。

今年は、大宇陀の大願寺に行くついでに寄りました。

入り口の看板うしろの門柱に宇太小学校の表示が見えます。

11_19_17


旧宇太小学校の木造校舎(3棟)が利用された施設で入場無料です。

11_19_18

11_19_19


運動場跡に多くのカエデが植えられています。品種がありすぎて覚えられません。

11_19_20

11_19_21


いつか大きく成長したらメープルシロップが採取できるのでしょうか?

11_19_22


この看板はそのうちに朽ち果ててしまうでしょう。

11_19_23


施設の入り口には、カエデの押し花がたくさん展示してあります。

11_19_24


長が~い、廊下です。生徒達が雑巾がけさせられたのでしょうか?

小学校の頃、木造校舎でしたが、こんなに長くなかった。

11_19_25


先生が引き戸を開けて入ってきたら黒板消しが落ちてくるイタズラがあったような気がします。

11_19_26


校舎の両端にこの広くて大きい階段があります。

傾斜角30度と書かれてありました。

11_19_27


この和室は何の為用でしょう。

11_19_28


昭和45年度卒業生の記念作品です。

これを作った子供達も今は56歳です。孫に見せて自慢してるのかな!

11_19_29


なぜか、中庭のテント内に大神神社がありました。

11_19_30


菊花で神体の三輪山を形取っていました。

11_19_31


この後、紅葉が素晴らしい大宇陀の大願寺に行きました。