駐車場から日出ヶ岳を見上げると余り紅葉がなくてどうしようかと悩んでいました。

地元の人らしい方に聞くと、こんな晴天はないので登ってきたらと言われました。

大蛇まで 3.5km で1時間半だと聞き決断して登山を開始しました。


台風一過の東大台を歩いてきました。

我が家を出たのがまだ真っ暗な5時で、83km を1時間半で到着しました。

ドライブウエイ途中の雲海はお伝えした通りで、幸先良い船出でした。

駐車場の車はまだ少なかったですが、皆さん登山に出かけたようでした。

大台ケ原ビジターセンター玄関の寒暖計は5度を示していました。

大滝ダム付近が11度でしたから寒くて震えました。

10_16_08


さあ、ここから登山(山歩き)です。

10_16_09


まっすぐ行けば日出ヶ岳ですが、今日は右に向かって3.5km 先の大蛇嵓(だいじゃぐら)をめざします。

10_16_10


山道はだらだらとしたアップダウンが続きますが、息が切れることはありませんでした。

10_16_11


2km 位まで所々で紅葉が見られますが。展望は良くありません。

途中で道を遮るせせらぎが三ヶ所ありました。

10_16_12


展望が開けrた所に神武天皇の像がありました。

10_16_13


その横に何なのか、池と言うより水たまりがありました。何なんでしょうか?

10_16_14


牛石ケ原は広い。

10_16_15


途中の道はほとんどがデコボコの石畳ですが、土だけの所もあります。

そこには木道が設置中でした。

驚いたことには、この資材はキャタピラ車で下から運ばれていたのです。

てっきりヘリコプターで運んでいるものと思っていましたが、道中で車に出会いました。

また、道の脇では木を獣から守る金網巻きつけが行われていました。

10_16_16


ようやく大台らしい景色に出会いました。

正木ケ原でトウヒ立ち枯れが見られるそうです。今度行ってみようと思っています。

10_16_17

10_16_18


ここまでカートのレールが延びていました。

10_16_19


1時間ちょっとで大蛇まで300m の所まで来ました。

10_16_20


帰路はシオカラ谷経由で駐車場に行けるのですが、最後にきつい階段登りがあるので止めました。

10_16_21


大蛇の入り口です。午後は登り下りで混雑するそうです。

10_16_22


ついにやって来ました。先客はカップルのお二人だけでした。

10_16_23


左右の鎖に沿って行けば良さそうですが、行けません。

中央をすり足で前に進みますが最後の1m は行けませんでした。

台風の影響もあったそうで、紅葉の最盛期はもう少し先になるそうです。

10_16_24

10_16_25

10_16_26

10_16_27


自由に入れない西大台の山並みも素晴らしかった。

10_16_28


道中では苔の緑が綺麗でした。

10_16_29


ビジターセンターまで下りてくると、気温は4度上がっていました。

10_16_30


ドライブウェイでは台風で生き残った紅葉が綺麗でした。

10_16_31

10_16_32

10_16_33



登山と言っても、なだらかな上り・下りの繰り返しで山歩きでしたが、

大蛇まで残り 300m がきつかったです。

大台ケ原ビジターセンターの方のお話では、先日の台風18号と19号により

赤く色づき始めた葉の多くが散ったそうです。

特に19号は、駐車場でも立っていられない強風だったそうで、そんな中をセンターの男性が

日出ヶ岳まで行ったが強烈な風だったそうです。

一週間後晴天になれば再訪したいと思っています。その時は、正木ヶ原も行きたい。

ほとんどの登山客が日出ヶ岳→正木峠→正木ヶ原→尾鷲辻→牛石ヶ原→大蛇→シオカラ谷

→駐車場のトレイルコース一周されるそうです。

よって、午後の大蛇は渋滞するようで、朝早い時間がおすすめです。


大蛇の動画です。

 


ドライブウェイ下りの動画です。最後の展望所でカメラの前をアゲハチョウが舞ってくれました。

大台ケ原ドライブウェイ(県道40号線)は、国道169号線から大台ケ原駐車場まで

全長20km 余りあります。




登山道の上を流れる沢のせせらぎ音を録りました。




まだまだ沢山の画像があるのですがここまでです。

大台ケ原マップ

大台ケ原マップ

大蛇って、駐車場を挟んで登山口の真後ろにあるんですね。