3月2日の現地説明会を前に行ってきました。場所はココです。

山の辺の道に菜の花畑がありました。向こうに浮かんでいる熱気球の真下を通って来ました。
02_25_01

02_25_02


ノムギ古墳にこの看板がありました。荒れ果てた古墳でした。
02_25_03


大きくしてご覧ください。
02_25_04


これがヒエ塚古墳の全体像です。道路の左側が前方部で、右側が後円部ですが、いずれも柿畑で

道路で分断されています。雑然としていて、とても古墳とは思えません。

ブルーシートの所が発掘現場です。後円部の南裾にあたります。
02_25_05


Google Earth で上空から見たらこんな感じで、測ったら全長130m でした。大きくできます。
ヒエ塚古墳


墳丘を飾った葺石(ふきいし)と周囲を巡る周濠(しゅうごう)跡なので、水がどんどん湧いてくるそうです。
02_25_06

02_25_07


土器の破片が少し出てきたぐらいで形になるものではなかったそうです。
02_25_08


説明会前ですが、質問すれば答えてくれます。

帽子を被った人は学者か、鋭い質問をされていたので、中に入れてもらって説明を受けていました。
02_25_09


古墳の裾に梅が咲いていました。
02_25_10