只今開催中の大和な雛まつりに行ってきました。

とは言っても、洞泉寺町にある旧川本邸と源九郎稲荷神社だけです。

元遊郭の建物は大きい。
02_24_01


正面の格子越しに3つの段飾りが迎えてくれます。

建物が大正11年建築(築92年)なので、入り口で災害時の責任を問わない署名をします。
02_24_02


昨年は急な階段を登って2階からの見学でしたが、今年は1階からの逆コースでした。

3階も見せてほしいですね。入ってすぐ右の段飾りは立派です。
02_24_03

02_24_04


中庭の井戸周囲には先日の雪が残っていました。
02_24_05


多くの段飾りは昭和40年代・50年代の初孫にとかです。

今では、最近飾られなくなった段飾りを持ち込まれる人も多いそうです。
02_24_06


遊郭時代の待合部屋です。
02_24_07


大階段の段飾りです。
02_24_08


その一番てっぺんのお内裏様です。
02_24_09


今年初めて飾られた小階段雛です。その他、部屋ごとにお雛さんがおります。
02_24_10


旧川本邸のすぐ近くの源九郎稲荷神社です。

架けられている白キツネのお面は、
4月の第一日曜日に子供行列で付けるものです。
02_24_11


本殿のお狐さまです。
02_24_12


六代目 中村勘九郎さんの襲名記念に植樹された枝垂れ桜です。
02_24_13


同じく記念植樹の枝垂れ梅です。花が少し咲きかけていました。
02_24_14


神社の方に撮ってもらいました。おばさんは、行列で台車に乗られるそうです。

撮影にあたっては、わざわざ鼓を袋から出してくれました。
02_24_15


白狐のお面を付けて撮ってもらいました。

ミラーレスに18-135mm レンズで重たいカメラやなぁ~と言われてしまいました。
02_24_16

昨年、市川猿之助さんがお忍びで突然、源九郎稲荷神社を訪れたそうです。
 
大和郡山市商工会館 の駐車場が開放されてますので、皆さんお出かけ下さい。

市街地の会場を歩いて回ると相当な運動になるでしょう。

あとお勧めは、西観音寺町 の葉本家(築130年)でしょう。