屏風岩公苑まで来たので、曽爾高原に寄りました。

兜岳と鎧岳も綺麗に見えました。

見える範囲にススキはありません。

昨年、曽爾村観光課に問い合わせたら、残念ながらススキは一部だけとのことでした。

これみんなオギですが、見た目変わらないので皆さんススキと思っておられます。

11_05_21

ちょうど昼食時だったので大勢の人がお弁当を広げておられました。

こっち方向はまともに逆光です。
11_05_22

曽爾青少年自然の家の左手に、さっき訪れていた屏風岩が見えます。
11_05_23

子どもたちは記念撮影後、グループ毎に散っていきました。
11_05_24

11_05_25

この登山道はけっこうきついので、今日は登りませんでした。
11_05_26

お亀池に水はありません。池の前でおばちゃんが「お亀池どこにあるん」と言ってました。
11_05_27

オギもススキも生えていないこの斜面は遠くから見ると崖崩れに見えます。
11_05_28

ススキとオギの大きな違いは、株から1本1本生えてるのがススキで、

地上から1本1本生えていて地下茎で継ってるのがオギです。

名阪国道のガードレールの所に生えてるのはほとんどススキです。


この後、投石の滝に寄って菟田野に抜け、大宇陀経由で帰りました。140km の走行でした。