今日5月14日は、中将姫さまのご命日です。

うまく紹介できないので、詳しくはコチラをどうぞ。→http://www.taimadera.or.jp/gyouji.html

http://www.city.katsuragi.nara.jp/index.cfm/14,2686,53,214,html

http://www.city.katsuragi.nara.jp/index.cfm/14,0,43,211,html

本堂前の銅像です。
05_14_01


4時間半前はこんな状況ですが、行事の1時間前には見物客で埋まります。

今日の撮影場所はこの位置です。

今年は、1009回目の練供養会式だそうです。
05_14_02


娑婆堂の中です。
05_14_03


この日、現地の学校は半休か全休のようで子供たちで賑わってました。

向こうに見えるのは、国宝の鐘です。

係の方が詳しく説明して下さいました。

ひびが入っているそうで、台座に置かれていました。
05_14_04


目の前に突然現れたこの美人、どうやら撮影のモデルさんのようです。

お顔を見せて下さい。

なぜカメラをもう少し左に寄せないのかと思ってませんか?

杭の所をよく見て下さい。白いのが少し写ってるでしょ。

そう、そこにはおっちゃんが立ってるのです。人混みの一瞬で撮ったのです。
05_14_05


人で埋まってきました。
05_14_06


お譲ちゃん二人の先導で始まりました。
05_14_07


中将姫さまが輿に乗って来られました。
05_14_08


前半はお稚児さんが向こう側でした。
05_14_09


このお坊さんは外国の方です。焚かれていたお香の香りが漂ってきました。
05_14_10


西塔がバックでしたが、電線が残念です。
05_14_11


観世音菩薩さまが、来迎橋を25菩薩を従えて練り歩く様は荘厳な儀式です。

昨年の撮影場所(来迎橋のすぐ横)よりこっちの方が格段に良かった。

三重塔と金堂が背景になりますが、人混みには脚立が必需品です。
05_14_12

05_14_13


娑婆堂の前で一服です。西日でキラキラしてます。

白い冠物は、今回新調されたもので真っ白でした。昨年までのものが少し怖い姿でした。
05_14_14

05_14_15


蓮台に載った中将姫さまを振りかざして娑婆堂から西方浄土に向かわれます。
05_14_16

05_14_17

05_14_18


この頃になると、BGMがシルクロードのテーマ曲になって感激します。

中将姫さまが天上の極楽に帰って行かれる様を感じます。
05_14_19


お稚児さん、可愛いですね。お母さん達は脇役ですかね。
05_14_20


手を振ったらこちらを見てくれました。
05_14_21


疲れてしまったお稚児さんは、お父さんに抱っこされてました。
05_14_22

05_14_23


中将姫さまの輿も帰っていきます。
05_14_24


先導役のお譲ちゃん、ご苦労様でした。

チョット緊張が続いているようですが、沈んでいく西日が眩しいのです。。
05_14_25



本当にご苦労様でした。今夜はぐったりでしょう。
05_14_26


輿も無事に西方浄土に帰って来られました。
05_14_27


このお地蔵様の奥に、中将姫さまの墓所があります。
05_14_28

 

今日は、大阪吹田の方と、遠く千葉県の 館山から来られたご夫婦と一緒でした。

長い待ち時間でしたが、色々話をしてたら4時間半は何でもありませんでした。

練供養会式が休日に行われるのは、4年後の2017年までありません。

テレビカメラが3台ほど来てましたので、明日のならナビで放送されるかもです。

デジタル番組表では、15日のならナビで當麻曼茶羅・・・となってました。

翌日の朝刊(奈良版)に「西方浄土へ姫導く」と紹介されていました。

IMG_0001

 
5/15 のならナビでは中の坊で尺八を吹く泉川さんの紹介だけでした。残念!!!



付記:昨年は、山門近くのテント下で當麻寺の見取り図と練供養会式を解説された

リーフレットが貰えたのですが、予算が厳しいようで今年は貰えませんでした。

本堂を拝観したら貰えるのかも知れません。

昨年貰ったのがこれです。クリックで拡大します。
練供養会式1

練供養会式2


練供養会式3