日曜日の「にっぽん縦断こころ旅」で、熊本県玉名郡長洲町が紹介されていました。

ここは、仕事でしょっちゅう訪れたことがあります。

当時は、九州新幹線もなく、博多で特急「つばめ」か「有明」に乗り換えて

行ったもんです。

時には、早朝から行って、日帰りもありました。

長洲は金魚の町でもありますが、駅周辺に金魚池は無かったと思います。

長洲駅から南南西に一直線の道路があって、ドン突きがユニバーサル造船所になります。

旧日立造船・有明工場です。

宿泊は、国道501号線の交差点近くのホテル有明会館でした。

この工場の先っちょの50万トンドッグは、でっかいものでした。 

1991年の雲仙普賢岳の噴火あとに訪れた時は、火山灰に覆われていました。 

当時、建造中の船に堆積した火山灰を女性事務員を含めて、社員全員で除去されました。

今日の番組では、火野正平さんが最後に手紙を読んでる後ろに、

艤装中の船とドック上のガントリークレーン(3台)が写ってましたね。

懐かしい映像でした。