宇陀菟田野のみくまり桜の次は、東吉野村・宝蔵寺の枝垂れ桜です。

この桜は、秀吉が愛した醍醐寺の桜と親戚関係にあります。

2年程前のNHK BS プレミアムでDNA鑑定で明らかになったと言われていました。

それを説明した金色の看板が誇らしげに掲げられています。

きょうの東吉野村は、黄砂が降っているように白く染まっていました。

周辺の山々から煙のようにヒノキ花粉が舞い上がっていました。

洗車したばかりの車が真っ白になってしまいました。今日の雨で洗い流してくれ!

04_05_11

これは、ニュースで流れている画像と同じですが、こんなにひどいのは初めて見ました。

車が真っ白になるくらいでしたが、自分は平気です。

この桜は、雷が落ちて痛々しい幹ですが、しっかり花を咲かせてくれています。
04_05_12

第二世だそうですが、立派過ぎてそうとは思われません。
04_05_13

04_05_14

04_05_15

十三重石塔ともマッチしてますね。
04_05_16

本堂左手の枝垂れ桜も結構立派です。
04_05_17

ここのご本尊は、子安延命地蔵尊です。許可をもらって撮らせて頂きました。
04_05_18
 

ここでは、4/7 に本堂前で芝居と歌謡ショーが開催されるそうです。

今日は、役者さんと関係者が下見をされていました。

次は、芳野川上流の「みんなの森公園」の桜をアップします。


<追記>

裏の田んぼでレンゲ草が咲き出しました。

昔みたいに一面ピンク色にはならず、まばらなのが残念です。

斑鳩・法起寺周辺の田んぼも観光客のマナーが悪いので、

随分前から種を撒かなくなりました。

町から種の配給があるそうですが?