昨日は、天理教本部にて鏡開きが行われたそうです。

新聞記事によると、約42トンもある鏡餅を約1100人の職員や信者さんが

雑煮用に小さく切り分けられたそうです。

「押し切り」と呼ばれる餅切り器で3段階に分けて行うそうです。

まず最初に、4人で大きな餅を4等分する「大切り」が行われ、

次に2人で縦約20cmの長方形にする「中切り」が行われるそうです。

最後に約5センリ四方、厚さ約1センチにする「小切り」だそうです。

この餅は、今日・明日・明後日の「お節会」で雑煮として振舞われます。

信者でない我が家にも毎年、「節会入場券」がポストに入りますが、

一度も行ったことがありません。

一枚だけしか無いし、一枚で数名食べられるのか分からないからです。
節会入場券