吉野・大淀町の北に比曽寺跡がある。

古くは比蘇寺(ひそでら)と呼ばれ

大規模な伽藍を構えていたそうだ。
9_27_9

現在、そこにあるのが世尊寺で、

今は彼岸花が一面に咲いていました。
9_27_1

9_27_2

9_27_3

境内に高さ15m・樹齢110年の大きなサルスベリの木があります。

花弁は6個あり、丸くてしわが多い白い花だそうだが、

花は高いところで咲いているので確認できません。
9_27_4

本堂の裏には、コスモスと彼岸花が咲いています。
9_27_6

9_27_5

帰りに立ち寄った道の駅・吉野路大淀iセンターでは、

特産の「なし」が売られていました。

ここに咲いていたコスモスです。
9_27_7

9_27_8

この後、明日香にも寄りましたが、その前に壺坂寺を通って

高取城跡のも行きましたが、何もありませんでした。

普通、世尊寺へは国道169号線から県道222号線で行くのですが、

壺坂寺へ行く県道119号線を通って、高取城跡の手前で

県道269号線でも行けることが分かった。山越えです。